加古川商工会議所青年部 加古川市の学校や図書館への絵本 渋沢栄一「おかねの大切さを学ぶ」を寄贈!

加古川商工会議所青年部は、加古川市教育委員会に対して、日本商工会議所青年部が作成した絵本「おかねってなあに」を45部寄贈します。

寄贈した絵本は、加古川市内の小学校、中学校、養護学校、図書館で活用する予定。

寄贈する商工会議では、「商工会議所の父とも言われ、新一万円札の顔でもある、渋沢栄一から「おかねの大切さを学ぶ」という視点で制作された絵本(栄一の玄孫澁澤健氏 監修)を寄贈させて頂きます。

人の役に立つ大切さ、人に感謝をする大切さ、力を合わせて社会を良くする大切さ、を少しで感じてもらえたらと思います」とコメンを発表しています。

加古川商工会議所青年部 絵本 渋沢栄一「おかねの大切さを学ぶ」寄贈情報

最新の投稿