【締切間近】三木市で作る自作カヌー!本格カヌー手作り講座

夏になると川や海、湖でカヌーを楽しむ人の姿を見ることが多くなります。

ゆらゆらーと気持ちよさそうに漕ぐ様子は涼しげでうらやましい限りですね。

そのカヌーやカヤックをを自作するカヌービルダー養成講座が兵庫県三木市で開かれます。

自分で作った船で川や海に出たい!というのは多くの人が持つ夢ではないでしょうか!

まさに男のロマンとも言えるワークショップをご紹介します。

スポンサードリンク




カヌーとカヤックの違いって?

一口にカヌーといっても色々な種類があって、大きくはインディアンカヌーカヤックに大別されます。

カナディアンカヌー
カナディアンカヌー

カヤック2
カヤック

基本的にパドルの違いで区別されており、ダブル・ブレード・パドル(パドルが両端についている)がカヤック、シングル・ブレード・パドル(パドルが片端だけについている)がカナディアンカヌーという風に分けられているんですね。

また、ファンカヤックやシーカヤック、リバーカヤックなどの種類があって、使用するフィールドや目的によって船が変わってくるんです。

たまにアウトドア好きのお家に遊びにいくとガレージにカヤックが飾ってあったりしますよね!いっつも羨ましいと思いながら見てる方もおおいのでは?

でもでも今回のワークショップではカナディアンカヌーと合板(べニア)製のカヤックを手に入れるチャンス!

しかも自作なので、お店で買ったものよりも愛着が湧くこと間違いありません。

男のロマン 三木市でカヌービルダー養成講座開催!

カヌービルダー養成講座の詳細をご紹介します。

下記のチラシがワークショップの詳細となっています。

カヌービルダー養成講座チラシ表カヌービルダー養成講座チラシ裏
クリックで拡大できます

合板(べニア)カヤック制作

合板(べニア)を使ってのカヤック制作を行うコースです。

一人乗り用カヤックで、サイズは全長5m 幅0.65m 重量約13.5㎏

初心者でも簡単に取り組めるようにキットや道具・工具類も用意されているので安心!

制作期間は3週間と設定されていますが、約10日くらいでは出来上がる予定みたいですね。

また「カヤック自作したいけど、実は保管場所がないんだよね…」なんてことにならないように、別途3分割加工付きのキットもあるので、移動や保管も問題ありません。

合板(べニア)カヤック制作 詳細
  • 開催期間:2016年7月3日(日)~7月24日(日)
  • 参加費:40,000円(材料代含む)※3分割加工付きは50,000円
  • 会場:三木ウッドカヌー アカデミー工房
  • 住所:三木市本町2丁目2-10 三木市観光協会2F

スポンサードリンク




カナディアンカヌー制作

こちらはカナディアンカヌーを制作するかなり本格的なコースで、制作期間は6か月に設定されています。(実際は約48日間で完成予定)

2人乗りのカヌーで、サイズは全長4.5m 幅0.9m 重量約23.8㎏

金物の町三木の道具と間伐材の(杉板)を利用して制作に取り組みます。

こちらも「自作したいけど保管場所がない!」という方向けに制作体験コースもあります。完成したカヌーは商工会議所が管理してくれるみたいですね。

カナディアンカヌー制作 詳細
  • 開催期間:2016年8月21日(日)~2017年2月19日(日)
  • 参加費:180,000円(材料代含む)※制作体験のみは10,000円
  • 会場:三木ウッドカヌー アカデミー工房
  • 住所:三木市本町2丁目2-10 三木市観光協会2F

【必読】各コース定員と応募締切、その他注意事項について

カヌー

各コース定員は3組(家族・友人等)限定です。当然お一人での参加も問題ありません。

応募締切は2016年6月16日(木)までで、応募者多数の場合は抽選となり6月22日までに当選者のみに通知があるようです。なので連絡がなければ抽選漏れのようですね….

実習は昼の部(10:00~16:00)、夜の部(17:30~21:30)の2部となっています。またオフィシャルワークデーと呼ばれる専属講師が指導してくれる実習日には原則参加となっていますので注意してください。(平日もあり)

チラシ裏にスケジュールも書いてありますのでご興味のある方は一度確認してみてください。

時間的には少しハードかもしれませんが、期間的にはあまり長くないので、他にはない自分だけのカヌーが手に入ると思えば十分に頑張れる内容ではないかと思います。

申し込み・問い合わせ先

カナディアンカヌー制作は期間・費用面ともにちょっと尻込みしてしまうかもしれませんが、カヤック制作は安価で期間も短いため、気軽に取り組めそうですね。

制作だけではなく、同じように参加している人達との交流もありますので、いろんな和が広がっていきそうですね。

ワークショップに参加して自分だけのカヌーを手に入れましょう!

スポンサードリンク