姫路で日本酒の試飲!日本酒好き必見のチャリティ試飲会

日本酒 試飲

成人を迎えて楽しくお酒を飲み始めても、ちょっと年を重ねると「最近ビール飲むとお腹がはっちゃって。。」「2杯めはビールじゃなくて違うものがのみたいなぁ」と若い頃とは違ってビールばかりでは飽きてきてませんか?

「日本酒を飲んでみたいけど種類が沢山あってどれがいいのか分からない」って人や、普段から日本酒を愛飲している人にオススメなイベント『IWC日本酒チャリティ試飲会』が姫路で開催されます。

スポンサードリンク




日本各地から実力ある日本酒が集結

この試飲会は1984年に創立した世界最大規模のワイン品評会IWC(Internatinal Wine Challenge)が元となっており、毎年世界各国のワイン生産者が受賞を目標に出品しているほどの非常に影響力のある品評会です。2007年には『サケ部門』が設立、日本全国の名だたる酒蔵から日本酒が出品され、その年の優秀な日本酒を品評する審査会が開かれています。

今年はその品評会が5月中頃から兵庫県で開催されるにあたり、並行して審査会に出品された日本酒をPRするチャリティ試飲会が開かれます

姫路では出品されたお酒の他、播磨を代表する酒蔵22蔵のお酒が試飲でき、神戸や伊丹、西宮でも同様のイベントが開催されその地域を代表する日本酒を楽しむ事ができます。

スポンサードリンク




全国100銘柄以上と播磨22蔵の日本酒を飲み比べ

兵庫県の各地で行われる試飲会ですが、姫路会場は2016年5月21日(土)13:30~19:00 大手前広場で開催されます。

入場料は無料ですが、試飲は500円で(IWC出品酒×2杯、播磨の酒×1杯のセット)と姫路ゆかリの武将「黒田官兵衛」をモチーフにした官兵衛盃が配られ、とてもリーズナブル

IWC出品酒は当日行ってみないとどんな銘柄があるかは分からず、試飲する銘柄も指定する事ができませんが、名だたる酒蔵から出品されているのでどれを試飲しても間違いはないと思います。(好みはあると思いますが・・)

過去の出品作品はこちらから確認できるので参考にしてみてください。過去9回のIWC「SAKE部門」審査会の結果

地元播磨からはヤエガキ酒造や田中酒造場なども過去に受賞歴があり、今年も出品が予想されますね。

入場にあたり兵庫の4会場のうち神戸・西宮・丹波は事前登録制となっており、姫路会場だけが当日参加制ですので、他会場で登録ができなかったという人も参加できるチャンスですね。

開催時間は19:00までとなっていますがお酒が無くなり次第終了となりますので、早めに来場するのがオススメです。

IWC日本酒チャリティ試飲会 開催情報

◆開催日:平成28年5月21日(土) 天候によっては22日(日)に順延
◆開催時間:13:30〜19:00(13:30からはセレモニーがあるので14:00から試飲開始)
◆場所:姫路大手前広場

5月20日(金)~22日(日)までは第67回姫路お城まつりも開催されているので、試飲会で軽く一杯ひっかけて祭りを楽しみ、帰りは姫路おでんをツマミに飲み直す、なんてコースもいいかもしれませんね。

日本酒好きな人は新しい日本酒との出会いの場所、これから日本酒を試そうと思う人には自分に合った日本酒と出会える場になるといいですね!

スポンサードリンク